日銀、量的緩和解除

平成18年3月9日、日銀は5年ぶりに金融政策を転換しました。

歴史上、異例の金融政策であった量的緩和(2001年に預金取り付けにおびえた金融不安を

解消する目的で、ゼロ金利政策維持の上に、更に銀行が必要とする分を上回るほどの資金

金融市場に供給)を解除しました。政策運営の目安としてCPI(消費者物価指数)が前年

0~2%の枠組みを設定。目標ではなく目安という表現を使っていることからCPIが1%で

もゼロ金利政策解除となる可能性があり、今後の政策運営が注目されるところです。明確

なことは金融危機を脱したことは誰の目から見ても明らかとなり、景気もいざなぎ景気を

超えるかという現在の回復状況から見て,金利は今後、上昇基調となるだろうということ

です。低金利も長く続くとそれが当り前になってしい、まだまだ、今のような金利水準

続くと錯覚してしまいそうですが、異常な状態は必ず時間かけて修正されるというこ

とを忘れないようにしたいですね。今から30年少々前の都市銀行の金は固定金利で

9%、住専で11%超の時代があったことを思えば隔世の感があります。